歯科で歯肉炎を予防

歯科で歯肉炎を予防について

歯科で歯石切除で歯肉炎予防

歯科は虫歯の治療だけでなく、歯石取りや歯磨きの仕方の指導なども行っています。歯石は磨き残しによるプラークが固まって歯と歯茎の間についてしまうもので、歯磨きだけでは落とすことはできません。専用の器具を用いて慎重にとらなければならず、上手にとらないと歯茎を傷つけてしまうこともあります。プラークをそのままにしておくと歯肉炎になってしまい、さらには歯周病へと進んでしまうので、定期的に歯科にて撮ってもらうと良いでしょう。間隔としては、半年か年に1回程度で大丈夫です。ですが、すでに歯肉炎となっている場合は医師が指定する期日に受けることが大切です。

歯石のない歯は病気予防に

歯石は、歯垢がカルシウム等のミネラル成分と結合し、石灰化して硬くなったものです。歯と歯の間や、歯と歯茎の間に付着しやすく、虫歯や歯周病の原因になります。歯周病は、糖尿病や心臓病等の病気を起こす引き金になる可能性がありますので、注意が必要です。付着してしまった歯石は、歯科で取ってもらわなければなりませんが、付着を防ぐ方法もあります。毎日きちんと歯磨きをして、歯垢を歯に付けたままにしておかない事です。面倒と思われがちですが大切な事です。歯科医で歯磨き指導をしてもらい、口の中を清潔に保つ様にすれば病気予防に繋がりますし、さらに口臭予防にもなります。

↑PAGE TOP