歯科の歯石除去頻度

歯科の歯石除去頻度について

歯科が推奨する歯石除去の頻度

歯周病や口臭の予防のために歯石除去を検討はしているけれど、どのくらいの頻度で行えばいいのか分からないという方も多いと思います。歯石の付く量などには個人差がありますが、ほとんどの歯科医院では概ね3ヶ月から6ヶ月に1度のペースを推奨されることが多いです。また定期的に除去を行い、家でのプラークコントロールをきちんと実践して口腔内の状態が良くなったりするなどの改善が見られた場合は当初の除去頻度よりも間隔が長く設定されるようになることもあります。自宅で除去をする場合には歯ブラシやデンタルフロスを使うのが有効ですが、自力で全て落とすのはなかなか難しいので最寄りの歯科で定期的に見てもらうことが重要です。

歯石の構造と除去方法

歯垢の中にある細菌が、唾液中のカルシウムなどの成分と混ざり合うことで歯石へと変化します。一見、白い塊のように見えますが、拡大して見ると非常に細かい空洞がたくさんあることが分かります。この空洞に歯周病菌などの細菌が住み着いてしまいます。口腔内なので温度は適温で、栄養となる食べ物は人が食事をするたびに供給されるため、最近はどんどん繁殖してしまいます。歯ブラシも歯石の内部までは届かないので完全に落とすことは歯科衛生士などに除去してもらわなくてはなりません。また時間が経てば経つほど硬くなってしましますので、早い段階のうちに歯科医院で除去することをお勧めします。

↑PAGE TOP